七五三詣

子どもの成長を感謝し、これからの無事を祈って神さまにお参りするのが七五三詣です。 男の子は五歳、女の子は三歳と七歳になる年にお参りします。

古来より、「七歳までは神の子」といわれ、七歳を過ぎてようやく社会の一員として認められる、と考えられてきました。 無事七歳を迎えるまでは子どもの生存率が低かったこともあり、尊い数である奇数の年を節目として、お祝いをするようになりました。

お祝いする年齢には、それぞれ次のような由来があります。

三歳:髪置(かみおき)…剃っていた髪を、この日を境に伸ばし整えたとされます。

五歳:袴着(はかまぎ)…袴を着け始めたことに由来します。

七歳:帯解(おびとき)…付紐で付けていた着物から帯で締める着物にかえました。

七五三詣のしかた

授与品

  • お守り
  • かざぐるま
  • 記念品おもちゃ

お申し込み

受付時間 午前10時〜午後4時半
申込方法 お電話にてご予約ください
ご祈願料 五千円を申し受けます

お問い合せ

  • 〒375−0024
  • 群馬県藤岡市藤岡1152番地
  • 電話・FAX: 0274−22−2597
  • Eメール: info@fuji-sengen.sakura.ne.jp