ホーム > ご祭神 > 神話


神話


邇邇芸命(ににぎのみこと:天皇家の子孫とされている神さま)が天から地上に降ったときに、美しい少女に出会いました。 名前を尋ねたところ、「木花開耶姫」と名乗り、父は「大山津見命」と答えました。そこで邇邇芸命は即座に大山津見命へ結婚を申し入れました。 すると、大山津見命は大いに喜んで結婚を許しました。

邇邇芸命は木花開耶姫之命と一夜の契りを結び、やがて妻はめでたく懐妊。 しかし、妻がそのことを伝えると邇邇芸命は、「たった一夜で身重になったと申すか、それは我が子ではなく、きっと他の神の子であろう」と疑ったのです。 すると木花開耶姫之命は、出入口のない産屋を建てて中に入り、閉じこもってしまいました。

そして、いよいよお産という時、「私の妊んでいる御子がもし他の神の子であるならば、無事お産をすることはできないでしょう」と言って産屋に火をつけたのです。 燃え盛る炎の中から元気な産声をあげて産まれたのが火照命、火須勢里命、火遠里命の三柱でした。

邇邇芸命が木花開耶姫之命を妻に迎えたことで、その子孫である人間は、桜の花のように儚い命となってしまったということです。


サイトトップ <戻る
(C)富士浅間神社