ホーム > お参りの作法


お参りの作法


神社にお参りするときの作法について、ご案内いたします。

手水(てみず)

お参りの前に、まず手水舎で手と口をすすぎます。昔から、清らかな水はケガレを流すとされてきました。

■手順
[1]ひしゃくで水をすくったら、はじめに左手を清めます。
[2]次に右手を清めます。
[3]左手に水を受け、口をすすぎます。(真似だけでもOK)
[4]ひしゃくを縦に持ち、残った水で柄を洗い流します。

拝礼

社殿の前に進み出たら、拝礼して神さまにお願い事を伝えます。

■手順
[1]まず鈴を振って、神さまに来訪を知らせます。(自分の身を清める意味もあります)
[2]次にお賽銭を入れます。
[3]二回お辞儀をします。
[4]二回拍手を打ちます。二回目に手を合わせたときに、心の中で神さまにお願い事を伝えます。
[5]最後に一度お辞儀をします。


サイトトップ
(C)富士浅間神社